体臭 解消

オリーブオイルで体臭予防をしよう

お腹の冷えは便秘を引き起こし、悪玉菌が活発化してしまいます。
悪玉菌が活発化すると、腐敗ガスなどの有害物質が排出され、血液中ににじみ出て汗となり身体の外へ排出されます。
汗と混ざった腐敗ガスは臭いのキツイ体臭となります。体臭を予防するにはお腹を冷やさないことが重要です。

 

お腹を内側から温める食品として優秀なのがオリーブオイルです。
お湯に数滴のオリーブオイルを垂らすと、オリーブオイルの油膜がお湯を包み込み温かい状態のまま腸まで運んでくれます。
一日目安で大さじ2杯のオリーブオイルを摂取すると効果が期待できます。
お湯に垂らして飲むだけでなく、温かい料理にオリーブオイルを混ぜたり垂らして食べても効果が期待できます。

スポーツをする方向けの体臭予防方法

スポーツをしている方で気になるのが、汗からくる体臭です。
筋肉を付けるために積極的にたんぱく質を摂取する方も多いですが、たんぱく質が多く含まれている肉類などの食品は、多く摂取し過ぎると体臭がきつくなってしまいます。

 

体臭がきつくならないようにたんぱく質を摂取し筋肉を付けるためには、普段の食事内容で工夫が必要です。
たんぱく質には動物性と植物性の2種類があります。このうち、体臭をきつくするのが動物性たんぱく質です。
動物性たんぱく質は腸内で細菌により腐敗してしまい、悪臭を作り出してしまいます。
たんぱく質を摂取する場合は、植物性たんぱく質を意識して摂取しましょう。

 

また、汗をかいたら放置せず、すぐに拭き取りましょう。汗を放置しておくと、皮膚の上で酸化してしまい、体臭の原因となります。
スポーツをする方には、汗を拭きとり殺菌もしてくれるシートタイプの制汗剤がオススメです。

セルフで体臭をチェックする方法

体臭は自分で気付かないうちに発生しています。体臭が気になる方は、まず自分の臭いがどのようなものか、客観的にセルフチェックする必要があります。
自分の臭いをチェックし、正しい対策を行いましょう。

 

すぐにできる簡単な方法として、お風呂に入り自分の体臭と嗅覚をリセットする方法があります。
体臭と嗅覚をリセットしたら、先程まで着ていた服の臭いを嗅いでみましょう。すると自分の臭いがはっきりと分かります。
特に、パジャマや枕は臭いが残りやすいので、嗅覚をリセットした状態で一度嗅いでみましょう。

 

服は外部からの臭いも染み付くため、例えば焼き肉屋など煙が充満している場所に行った後は、体臭より外部から染み付いた臭いがきつくなっています。
自分の体臭を正確にチェックするのであれば、この方法を何度か繰り返し、自分の臭いを正確に把握しましょう。

その体臭は服のせい?服の臭いの正しい取り方

体臭予防をしているのに何故か臭う、という方は普段着ている服が原因かもしれません。
身体から分泌された汗や皮脂が服に吸着し、細菌に触れて成分が分解されていくときに「分解臭」という独特の臭いが発生します。
分解臭は一度服に付いてしまうと、中々綺麗に取り除くことはできません。普通に洗っただけでは分解臭の原因となっている細菌を死滅させることができないのです。

 

殺菌を死滅させ、服の臭いを取るには煮洗いが有効です。
深い鍋に水を入れ、粉末洗剤と粉末の酸素系漂白剤を溶かし、沸騰させたら服を入れて15分ほど煮ます。
熱いお湯で洗うことで服に付いた細菌を死滅させることができます。

 

鍋の代わりにバケツを使った洗い方もあります。この時は、酸素系漂白剤とお湯だけを使います。
50度ほどに温めたお湯に酸素系漂白剤を入れて、液体が白っぽくなったら服を入れて放置します。この時に蓋をするとより効果的です。